どれがいいのかなコラーゲン!

hair-1462984_960_720

年齢とともにシワやたるみなど肌への悩みは尽きないものになってしまいますよね。

手遅れになってしまう前に何とかしなければと思うのですが、何をどう摂ればいいのか分からなかったりもします。

「いつもと違う!」「最近なんだか~」なんて肌の変化を感じはじめたら悩んでいないで摂るべき栄養をしっかりと摂って周りと差をつけたいものですね。

コラーゲンの効能・・・

girl-1360853_960_720

コラーゲンはタンパク質から成り立っていて私たちの約3/1はコラーゲンで出来ているんです。

そのために肌をつくるだけでなく骨や血管、髪の毛などあらゆる細胞に深く関わっているんです。コラーゲンが減少すると肌が衰えるだけでなく体中の機能が低下してしまうんです。

そのためにコラーゲンはしっかりと補うべき栄養成分でもあるんです。

コラーゲンと肌の関係・・・

肌は表皮、真皮、皮下細胞と3つに分けることが出来ます。中でも肌のハリや弾力などに大きく関わるのが真皮なんです。

この真皮に充分なコラーゲンが補う事で古いコラーゲンは分解し新しく生まれ変わり肌の健康が保たれて新陳代謝など活発に行うことが出来るのです。

コラーゲンとヒアルロン酸の違い・・・

肌の保水がしっかりとなされていないと肌はシワシワになってしまいます。

そのためにもしっかりと肌細胞が水分を蓄えている必要があるんです。ヒアルロン酸は肌の水分を蓄えてくれる働きがあります。

しかしコラーゲンが不足しているとこのこの水分を十分に肌へと蓄えることが出来なくなってしまうんです。

コラーゲンの種類・・・

cosmetology-1471345_960_720

コラーゲンにはドリンクタイプや粉末タイプ、サプリなどいろんな種類があります。

サプリは価格が安いために続けて飲むには便利な商品でもあるのですがコラーゲンの含有量は少ないため大きな効果を期待するのはむつかしいかもしれません。

粉末タイプは価格、含有量ともにバランスがとれていると言える商品です。

そのまま飲んでも良いしお味噌汁などに混ぜても良いので手軽にコラーゲンを摂取することが出来そうです。

また反対に即効性はあるのですが高価なために続けるのが難しいのがドリンクタイプです。いざという時に使うなど用途によって使い分けるといいかもしれません。

コラーゲンの摂取量・・・

1日のコラーゲンの摂取量は5~10gと言われています。

コラーゲンは体内でアミノ酸へと分解されます。

しかし摂り過ぎたアミノ酸は脂肪になって体内で蓄積されてしまうので摂り過ぎには注意が必要です。

コラーゲンと一緒に摂るべき成分・・・

コラーゲンには一緒に摂ることで効果を上げる成分もあります。ビタミンC、プロリン、レチノールなどはコラーゲンの生成を助けてくれる成分でもあります。反対に働きを抑えてしまうのが糖分なんです。甘い物の摂り過ぎには注意が必要ですね。

肌の衰えを感じたらまずはコラーゲンを・・・と考えてしまいますが、何をどれくらい摂るかをしっかりと知ってから自分にあったコラーゲンを摂る必要がありそうですね。

コラーゲンザプリの比較ならコチラ!→人気のコラーゲンサプリランキング!口コミと効果で徹底比較!